ニキビ 発生

ニキビを発生から防ぐ

ニキビは、普段からの予防と、できてしまったあとでもケアすることで治すことができます。予防としては洗顔のしすぎと保湿をすることで皮脂が出るのを防ぎ、UVケアによよって紫外線によるニキビを防ぐことができます。また食事もバランスよく摂ることで皮脂を防ぐことも重要です。特に牛乳と小魚によるカルシウム、食物繊維豊富なこんにゃく、ビタミン群を多く含む緑黄色野菜は特に摂取する必要があります。その他、睡眠不足やストレス、体の不調などでもニキビはできるので、ニキビは様々な不調のサインの表れでもあります。体という内的原因の他にも、顔ダニによる外的な原因によって発生するケースもあります。顔ダニは97%の人の毛根や毛穴に寄生していますが、本来は皮脂を食べてくれる働きをしてくれるはずがステロイドで免疫力が弱まっていたり、皮脂や化粧品の洗い残しが多いことによっ大量に繁殖し、肌荒れと共にニキビを引き起こします。しかし、そんなニキビももしもできてしまったときはいかに痕を残さず一日も早く治すかが重要になってきます。軟膏やビタミン、漢方など様々なニキビの治療法が現代では存在しています。そこで決して無理につぶさず触らずにいることで痕にはせず、治療法をこまめに試してみることでニキビをきれいに治すことができます。