ニキビ 知恵袋 ポイン 最新版

ニキビによる肌トラブル

ニキビは、毛穴にホルモンや殺菌、皮脂によって炎症を起こすことによってできるので、皮脂が多く分泌される場所にできます。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることから始まり、毛穴に皮脂や角質が溜まり毛穴が開いた状態を白ニキビ、詰まった皮脂や角質に汚れがついたものを黒ニキビといいます。さらに黒ニキビがアクネ菌によって炎症がひどくなると、赤ニキビと呼ばるようになるのです。アクネ菌は、皮脂腺の奥にいて皮脂を栄養分とし増殖します。アクネ菌によって炎症がおきると、赤くなったり黄色い膿がたまるようになります。さらに悪化すると、毛穴が破れてしまい膿が皮膚に流れ出て炎症が広がることもあります。炎症が広がってしまうと、皮膚の深い部分が傷ついてしまうので、跡が残ることがあります。原因は、ホルモンの分泌によるものといわれています。またチョコレートなどの脂質の多い食べ物を摂ることも原因と言われています。20歳を過ぎてからできる大人ニキビもあります。肌は一定の周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。しかし加齢などによってターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質が毛穴を塞ぎアクネ菌が増殖して、大人ニキビの出来やすい環境になるのです。原因としては、ホルモンバランスの乱れやストレス、偏った食事、寝不足などと言われています。

ニキビの予防について

顔というのは、人間の印象を一番に相手に与える部分ですので、とても大切な部分ですが、良い印象も与えることもあれば、悪い印象を与えることもあります。顔には、目や鼻などの大きさや形は、生まれ持ったものがありますので、変えることが出来ないものですが、顔の素肌の美しさは、生まれ持ったものだけではなくて、その人の生活習慣やお手入れで、大きく変化してきます。さて、顔の素肌では、ニキビというものがよく問題になります。ニキビといいますと、一般的には10代より以前にはあまり見られなくて、10代くらいのころにピークになって、中年を迎えるとだんだんと再び見られなくなります。このように、ニキビは10代にピークを迎えるので、一時的な物と捉えることもできますが、10代というのは異性を意識し始めるころですし、思春期を迎えるころでもありますので、本人にとってはあまり望ましいことではありません。また、ニキビというのは、あまり悪化すると、クレーターを形成して、10代を過ぎてもその跡が残る場合もあります。このように、ニキビというのは、意外に問題が大きいので、いかに予防するかが大切です。先述のように、ニキビも生活習慣や普段のお手入れ次第で、その結果は大きく変わりますので、予防は可能になります。

◎ニキビ跡にはリプロスキン!
コチラのサイトが参考になります。